<英文要約の添削例>

医学部を狙っている部員から依頼された、小論文過去問の添削の実例です。
問題は英文(625words)の要約(条件付き100words程度)と、その英文の内容に関連する自由英作文(100words程度)です。

文法・表現の添削のほか、書いてくれたのとほぼ同じ内容をより自然な英文で書いたもの、および、要約例と自由英作文例を作って答案につけて返却しています。その部員の帰宅時(21:30頃)に答案の提出を受け、翌朝8:00頃にBENBUに来たときにすぐに復習できるように添削答案を机の上に置いておきました(週7日コースなので朝から利用可能)。

医学部を目指す生徒に対する添削指導は推薦を利用しない場合でも、ここまで必要だと思います。英作文や日本語の小論文の添削指導も同様です。質とスピードの両方があるからこそ伸びます。医学部合格者が出たと宣伝している英語の塾ではここまでの添削指導どころか、添削すらしておらず、重箱の隅つつきの捨て問文法問題を教材にしているだけです。あるいは、薄い長文問題集を時間をかけて解説したりサイドリーダーの内容解説をしているだけです。市販の問題集の方がはるかに実力がつきますし、多量にこなすことができます。
塾選びでは、宣伝文句やクチコミ(昔は塾が少なかったので実力のない講師の塾でも医学部合格者は輩出できた/アルバイト学生にクチコミをさせて後輩を勧誘できクチコミはお金で買える)に乗せられずに、何をしているのかを見て判断したいです。

PAGE TOP